m5

勤務条件・待遇

超過勤務を毎回申請することが出来ない!

投稿日:

「超過勤務」という言葉がありますが、これは、管理者の命令なくして行ってはいけない行為であり、あなたが勤務している病棟の雰囲気であったり、あなたの勤続年数などとは、一切関係は、ありません。

ですから、当たり前のように超過勤務を行うことはいけませんし、不況でよく聞かれる、賃金の出ない「サービス残業」なんてものは、もっての外です。

にも関わらず、病院などでその事実を把握しているのにも関わらず、毎回起こる超過勤務の申請を行うことが出来ないという事態が起きており、更には、研修の際には有給を使わせたり、休日に勉強会などが行われてしまうことで、当たり前のように休日出勤をすることもあるようです。

そして、大抵の看護師が世間知らずであるということも分かっている上で、あれやこれやとそれらしい理由をつけて、残業を付けられない雰囲気にしてしまう・・・これはどういうことなのかというと、「残業代を支払いたくないから」なのです。

残業を申請できない雰囲気自体が問題です!

それと同時に、ほとんどの看護師が、そのような勤務体制を取られても、文句を言わないことにもあります。

リソース不足を病院側が把握していないにせよ、病棟の管理者である師長は、それを知っているはずでしょう。忙しくしているときなど、そのまま日勤や冶金の終了時間までに仕事を終わらせることが不可能であるということは、一目瞭然です。

そのような状況であれば、その時点で、「○○時まで残業して下さい。」と相手に言わなければいけません。もしくは、勤務時間の間に自分から「□□なので○○時まで残業させて下さい」と、自己申告が必要です。やりづらいと思われるようなこのやり取りですが、これは基本中の基本なのです。

言い方を変えますと、サービス残業が当たり前といったような職場の雰囲気であったり、残業をしなければ仕事を終わらせることが出来ないような病院が「異常」なのだと知って下さい。

あなたがしっかりと働いているからこそ、残業こそきちんと申告しなければならないのです。

看護師の数をきちんと必要な分だけ揃えることが出来ている病院や、きちんとした理由であれば超勤を認めてくれるきちんとした病院ももちろんありますから、転職サイトなどを一度利用してみるといいでしょう。

そうして、様々な案件を見て、キャリアアドバイザーに色々と聞いてみることで、ご自身が今置かれている職場の環境と違うお仕事を知ることが出来るでしょう。

転職を成功させた人はこの3つから選んでいます!

ナースではたらこ

満足度No1。上場企業運営だから安心

全国約9万件、日本全国90%以上の医療機関の情報を掲載

応募書類、面接対策を専任担当がフォロー

各医療期間の手に入れにくい情報も公開

ナース人材バンク

紹介数No1

地域密着で主要都市、地元病院・クリニックの求人も網羅

求人情報がなくても希望の病院へアプローチ可能

内定前、内定後のフォローも充実

看護のお仕事

全国、24時間電話対応

転職成功で、転職支援金を最大12万円支給

キャリアコンサルタントが丁寧で無理に転職をすすめない

地域ごとの専任コンサルタントなので地域密着型の提案が可能

-勤務条件・待遇

Copyright© 看護師の求人募集・転職サイト比較!現役アドバイザーのオススメはここ! , 2018 AllRights Reserved.