w22

転職活動

子育て中・ブランクからの看護師復職を考える時の注意点

投稿日:

慌ただしい子育ても一段落して、そろそろ看護師に復職しようかと考えると、どうしても気がかりなのが「ブランク」ではないでしょうか?

子育てが一段落・・・とはいっても、まだまだ子育て中には変わりありませんから、職場が忙しいときに、子供が熱を出して保育園などから呼び出されることも多くありますから、独身の看護師が多く在籍しているような職場では、なかなかやりづらいと思うこともあるでしょう。

総合病院でも、夜勤が可能かそうでないかで、病棟勤務と外来勤務などに分かれたり、それ以前に、ご自身の事情を病院側や一緒に働くスタッフが協力してくれなければ、せっかく復職しても、気まずく勤務をすることになってしまうと思います。

例えば、妊娠・出産を終わらせてもお子さんはまだ小さい段階、ですから、遅番で早上りという勤務を認めてもらえず、通常の日勤で勤務するよう言われたり、子供が熱を出してお迎えに行きたいから早退したいと師長に伝えても、子供を迎えに行き次第また勤務に戻るように言われることもあるようです。

何より、子供を持たない独身のスタッフは、そのようなことには、基本的には協力的ではないといえるでしょう。

せっかく復職するのですから、そのようなことも考えて、ご自宅の近くに、託児所のある総合病院があるかどうかを探すといいでしょう。勤務中は、きちんとお子さんを預かってくれますから、お仕事も安心・集中して取り組むことが出来ます。

パート、正社員、時短利用なのかという点については、旦那様のお仕事や、お子さんの健康状態、周囲の協力、ご自身の仕事や子育ての在り方や考え方など、それぞれの状況で変わってくるでしょうし、長期勤務を希望しているのであれば、パート勤務よりも、正社員の方が、融通が利きやすくなるでしょう。

子育て中・ブランクからの看護師復帰を検討しているのであれば、転職サイトや求人サイトに登録して、保育施設付きの病院なども多いので、他にもどのような待遇があるのか、どのような勤務内容なのかを聞いておくことで、近い将来きっと役立つことになるでしょう。

転職を成功させた人はこの3つから選んでいます!

ナースではたらこ

満足度No1。上場企業運営だから安心

全国約9万件、日本全国90%以上の医療機関の情報を掲載

応募書類、面接対策を専任担当がフォロー

各医療期間の手に入れにくい情報も公開

ナース人材バンク

紹介数No1

地域密着で主要都市、地元病院・クリニックの求人も網羅

求人情報がなくても希望の病院へアプローチ可能

内定前、内定後のフォローも充実

看護のお仕事

全国、24時間電話対応

転職成功で、転職支援金を最大12万円支給

キャリアコンサルタントが丁寧で無理に転職をすすめない

地域ごとの専任コンサルタントなので地域密着型の提案が可能

-転職活動

Copyright© 看護師の求人募集・転職サイト比較!現役アドバイザーのオススメはここ! , 2018 AllRights Reserved.