w16

転職前の情報収集・転職先選び

求人転職サイトを利用するデメリット

投稿日:

看護師求人転職サイトを利用する際は、沢山のメリットがある反面、やはりデメリットも存在します。

「デメリットなんてあるの?」と考えてしまうでしょうが、ここでは看護師専門転職サイトを活用する上での、唯一考えられるデメリットについてお話していきたいと思います。

ご自身と同じ経験、同じスキル、同じ年齢の看護師が同じ時期に、例えば病院などに直接応募をした場合、求人転職サイト経由の求職者の採用率が下がってしまうのですが、理由がわかりますか?

なぜご自身が不利な条件になるのかを説明すべく、まずはその転職サイトの利益のシステムを知っておくことが必要です。

求人転職サイトの成果報酬システム

まず、数ある看護師転職サイトは無料で利用することが可能ですが、転職することでお祝い金が貰えることがありますよね?

利用者がお金を支払わずに活用出来るサイトなのに、なぜこのような特典を付けることが可能なのかというと、実は法律には「職業安定法」というものが定められており、人材紹介を行った分だけ「紹介料」を支払うよう定められているのです。

ですから、看護師転職サイトの利用者はサイト側に利用料金を支払う必要がなく、逆にサイト側は利用者から利用料金を貰わずとも、運営していくことが出来るというわけです。そして転職が決まった利用者に対して、紹介料の一部を「祝い金」などに充てることが出来るのです。

その「祝い金」などを差し引いて残った金額が、「転職サイト側の利益になる」ということなのです。

つまりは、先ほどの答えなのですが病院側が転職サイトに高い報酬を支払ってまでも、同じスキルを持つ複数の看護師を採用するかどうか、ということになります。

基本的に転職サイト経由以外で申し込みされないように案件は非公開とされていますので、同じ時期に同じレベルの看護師が、同じ案件に複数応募してくるということは考えにくくもありますが、稀にそのようなデメリットも考えられるということを知っておいていただければと思います。

転職を成功させた人はこの3つから選んでいます!

ナースではたらこ

満足度No1。上場企業運営だから安心

全国約9万件、日本全国90%以上の医療機関の情報を掲載

応募書類、面接対策を専任担当がフォロー

各医療期間の手に入れにくい情報も公開

ナース人材バンク

紹介数No1

地域密着で主要都市、地元病院・クリニックの求人も網羅

求人情報がなくても希望の病院へアプローチ可能

内定前、内定後のフォローも充実

看護のお仕事

全国、24時間電話対応

転職成功で、転職支援金を最大12万円支給

キャリアコンサルタントが丁寧で無理に転職をすすめない

地域ごとの専任コンサルタントなので地域密着型の提案が可能

-転職前の情報収集・転職先選び

Copyright© 看護師の求人募集・転職サイト比較!現役アドバイザーのオススメはここ! , 2018 AllRights Reserved.