w1

転職前の情報収集・転職先選び

転職サイト(人材紹介会社)と求人サイトの違い

投稿日:

看護師の求人や転職情報を探しているとよく、看護師転職サイトや、求人サイトを利用して転職したという事を目にします。

転職を本気で考え中で、中途採用の情報を調べたい、今の勤務先に内緒で活動したい、キャリアコンサルタントに相談して探してもらいたいなど、目的によってそれぞれ使い方が異なってきます。

ここでは看護師転職サイト(人材紹介会社)と求人サイトの違いと用途を押さえておきましょう。

看護師転職サイトとは

まず、「看護師転職サイト」は、看護師を欲しがっている医療法人や病院と、転職や再就職を考えている看護師との仲介役として、お互いを引き合わせてくれる役目をしてくれる場所です。

看護師転職サイトに登録することで、登録者一人ひとりに、転職エージェントやコンサルタント会社などの担当者が付いてくれますから、看護師としての転職・再就職を望む方のために、その人たちが転職を上手く進めていけるよう、市場の動向など情報提供、人生設計から自分の市場価値の分析、面接の受け方、履歴書の書き方など、転職に必要なことに関するアドバイスをしてくれるだけでなく、登録者が感じている不安や分からない部分に対して、しっかり相談に乗って解決してくれます。

そういった面から、看護師転職サイトで転職を希望する方々を担当する人のことを、キャリアアドバイザー、転職代理人、コンサルタントなどと呼ぶこともあります。

また、看護師転職サイトでは、企業へ提出する必要書類の作成や、内定後の希望給与・賃金などの条件交渉などしっかりとサポートをしてくれます。ここで出てきた「転職エージェント」とは、その名前の通りエージェント(代理人)として、あなたに代わって転職活動をサポートしてくれる人たちが集まっています。

その他にも人材紹介会社とクライアント企業との関係によっては、アドバイザーの推薦などによって、厳しい選考過程をパスしていきなり面接にいける可能性もあります。

しかも登録、利用は無料で看護師転職サイト経由で転職が成功すれば、就職支援金という名目でお金をもらうことも可能です。

看護師求人サイトとは

そして、「求人サイト」ですが、これは、あなたが希望している待遇や条件などと、求人に掲載されている待遇や条件などを元にして自分に合う条件を見つけ、その求人の内容を教えてくれるサイトです。

見つけた求人の内容が気に入れば、自分自身で応募して、必要書類を作成・提出したり、相手との電話連絡などで、面接日時を決める必要があります。

要するに、求人サイトは、自分自身に合う求人を見つけるための手段です。

全てのことをご自身で行う必要がありますから、看護師転職サイトと違い、細かく丁寧な対応を要求することは、出来ません。

看護師転職サイトと求人サイトは、このような違いがありますから、どちらを利用するかは、「どちらが自分に合っているのか」という判断で選び、登録してみるといいでしょう。

○まとめると

看護師転職サイト
ピンポイントな人材を求める。アドバイザーが仲介・手続き代行。無料

看護師求人サイト
幅広く人材を求める。一人で転職活動。無料

裏話!転職サイトと併用

看護師転職サイト経由で希望の病院へ応募し、書類選考で落とされた場合に求人サイトから応募してみる、という方法があります。

転職サイトと求人サイトでは、担当者が違っていたり、合格基準多少違っている場合があるので、運が良ければ通過して面接までいける可能性もあります。

ですが重複エントリーが禁止の所もあるので、応募経路は慎重に決めた方が良いでしょう。

転職を成功させた人はこの3つから選んでいます!

ナースではたらこ

満足度No1。上場企業運営だから安心

全国約9万件、日本全国90%以上の医療機関の情報を掲載

応募書類、面接対策を専任担当がフォロー

各医療期間の手に入れにくい情報も公開

ナース人材バンク

紹介数No1

地域密着で主要都市、地元病院・クリニックの求人も網羅

求人情報がなくても希望の病院へアプローチ可能

内定前、内定後のフォローも充実

看護のお仕事

全国、24時間電話対応

転職成功で、転職支援金を最大12万円支給

キャリアコンサルタントが丁寧で無理に転職をすすめない

地域ごとの専任コンサルタントなので地域密着型の提案が可能

-転職前の情報収集・転職先選び

Copyright© 看護師の求人募集・転職サイト比較!現役アドバイザーのオススメはここ! , 2018 AllRights Reserved.